FC2ブログ
2019年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2009.06.17 (Wed)

くるり『魂のゆくえ』

6月10日に、くるりの2年振りとなる8thアルバム『魂のゆくえ』が発売されました!


魂のゆくえ魂のゆくえ
(2009/06/10)
くるり

商品詳細を見る


01. LV45
02. 愉快なピーナッツ
03. 太陽のブルース
04. 夜汽車
05. リルレロ
06. つらいことばかり
07. さよならリグレット
08. かごの中のジョニー
09. Natsuno
10. デルタ
11. 魂のゆくえ
12. ベベブ
13. 背骨
14. 三日月(BONUS TRACK)



「謎の板」の最初の謎が解けてスッキリしてからというもの、何回も何回も繰り返し聴いています。正直、最初に通して聴いた時には「ちょっと地味なんじゃないかな…もしかしたら好きになれないかも…」なんて思ってしまいました。

ところが、何回も聴いていくうちにじわじわと曲が身体に馴染んできて、今ではすっかりこのアルバムにはまってしまいました。耳にすんなりと入ってきて、凄く聴きやすいアルバムだと思います。このアルバムを聴くたびに、「私ってくるりが好きなんだなー」としみじみ思ってしまいます。

くるりの二人はこのアルバムを「シリアスなロックアルバム」だと言っていました。「聴く人がロックをどう捉えているかによって、このアルバムの捉え方も変わると思う」とも言っていました。

くるりはメンバーの変遷を繰り返して現在はヴォーカル&ギターとベースの二人編成ですが、私はくるりをロックバンドだと思っているし、くるりの生み出すサウンドは常にロックであると思っています。

このアルバムは、ピアノやキーボードがフィーチャーされているメロディアスな楽曲が多いため、「これはロックではない」と思われる方もいるかもしれません。

でも、鍵盤の音が入る事によってメロディ重視になってしまいそうなところを、くるりならではの大胆で独特なアレンジを展開させる事によって、重厚なギターロックサウンドが確立されているように私は感じました。

明日(18日木曜日)は、待ちに待ったZepp Fukuokaでのくるりのライブです!!くるりのワンマンライブに行くのは2年振りです。今回のツアーはギター、ベース、ドラムスの三人編成だという事なので、アルバムの中でピアノやキーボードがフィーチャーされている楽曲がどのようにライブ・アレンジされているのかも楽しみです♪


↓Apple Store福岡天神店にてゲットしたiTunes Card☆
20090614142014.jpg


a_04.gif
↑ランキングに参加してみました!よろしければポチッと一票お願いします!!


タグ : くるり 魂のゆくえ

01:40  |  くるり  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

*Comment

なんかしみじみ聴いてます。
『ワルツ~』とはまた一味も二味も違ってて、転がり続けてて、だから目が離せないですねー、くるり。

明日たのしみだね。
ライブ前か後に会えたらいいんだけど難しいかなぁ。
終わったらダッシュで最終バスに乗り込むことになりそうだしなぁ…。
やまこ |  2009.06.17(水) 23:32 |  URL |  【コメント編集】

■>やまこちゃん

そうそう、しみじみ聴いちゃうんだよね。何かじわじわ沁み込んでくる感じがする。私は「つらいことばかり」と「背骨」が凄い好き。タイトルから全く想像出来ない曲だよね。ライブで聴きたいなー。

やまこちゃんとアルバム談義したいんだけど、ライブ前も後も厳しそうだよね。せっかくのくるりライブなのに、平日ってのが辛いなぁ…。
おまみ |  2009.06.18(木) 01:40 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。