FC2ブログ
2019年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.10.22 (Wed)

私が選ぶビートルズ名曲ベスト10

先日発売された雑誌『レコード・コレクターズ』の11月増刊号で、読者とレココレ執筆陣の投票による「あなたが選ぶビートルズ名曲ベスト100」のランキング結果が発表されていました。

ビートルズ名曲ベスト100: レコードコレクターズ増刊
928.jpg


今まで改めて考えた事がありませんでしたが、読み進んでいくうちにだんだんと触発されてきて、「私が選ぶビートルズ名曲ベスト10」を決めてみたくなってきましたので、今から発表いたします☆☆


1位 「I AM THE WALRUS」(アイ・アム・ザ・ウォルラス)
(1967年発表『MAGICAL MYSTERY TOUR』収録)

他の誰にも真似出来ない、ジョンによるサイケデリックな曲調とシュールな歌詞、そして何だかあやしげなジョンのヴォーカル、どこをとっても最高です!!10代、20代、30代とこの曲を聴いてきましたが、いつ聴いても新しく何度聴いても飽きない、私の中で永遠の名曲ベスト1です。


「 I AM THE WALRUS」



2位 「A DAY IN THE LIFE」(ア・デイ・イン・ザ・ライフ)
(1967年発表『SGT. PEPPER'S LONLEY HEARTS CLUB BAND』収録)

3位 「STRAWBERRY FIELDS FOREVER」(ストロベリー・フィールズ・フォーエバー)
(1967年発表『MAGICAL MYSTERY TOUR』収録)

4位 「I'VE GOT A FEELING」(アイヴ・ガッタ・フィーリング)
(1970年発表『LET IT BE』収録)

ポールによるパートとジョンによるパートは、ベースラインが同じなだけでそれぞれメロディも歌い方も全く違うのに、最後に二人一緒に歌うところでは何故かピッタリはまって聴こえます。二人の個性と才能がぶつかり合いながらも融合していったという事を表している曲だと思います。


「I'VE GOT A FEELING」



5位 「GET BACK」(ゲット・バック)
(1970年発表『LET IT BE』収録)

6位 「IN MY LIFE」(イン・マイ・ライフ)
(1965年発表『RUBBER SOUL』収録)

7位 「HAPPINESS IS A WARM GUN」(ハッピネス・イズ・ア・ウォーム・ガン)
(1968年発表『THE BEATLES』収録)

曲の始まりは静かなのに、転調を繰り返して徐々に激しく展開していく感じが凄く好きです。最後、ジョンがすぅっと一息おいてからシャウトするところがたまらなくカッコイイです。


「HAPPINESS IS A WARM GUN」



8位 「COME TOGETHER」(カム・トゥギャザー)
(1969年発表『ABBEY ROAD』収録)

9位 「NORWEGIAN WOOD(THIS BIRD HAS FLOWN)」(ノーウェジアン・ウッド‘ノルウェーの森’)
(1965年発表『RUBBER SOUL』収録)

10位 「LUCY IN THE SKY WITH DIAMONDS」(ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ)
(1967年発表『SGT. PEPPER'S LONLEY HEARTS CLUB BAND』収録)



公式録音曲全211曲の中から頑張って10曲選んでみました!難しかったーー!!

思い入れのある曲ばかりなので、出来れば全曲コメントしたいところですが、あまりにも長いと誰も読んでくれないと思うので、このくらいにしておきます…。

そういえば、「ビートルズ・ソング・ワースト25」のランキング結果も発表されていました。ワースト1はぶっちぎりでした。他と一桁違いました。

私もあの曲だけはどうしても駄目です。意味不明で、長過ぎです。子供の頃に聴いて、凄く怖かった記憶があります。まだ見ぬ我が子には、絶対聴かせないようにしようと心に決めております。


a_04.gif
↑ランキングに参加してみました!よろしければポチッと一票お願いします!!

タグ : ビートルズ

01:45  |  The Beatles  |  TB(0)  |  CM(6)  |  Top↑

*Comment

■ビートルズ!!

ん~かなり「おまみ」さん、ビートルズはヘビーに聴いてるんですね~。
「 I AM THE WALRUS」は自分あまり馴染みなかったのですけど、
オアシスなんかに通じる曲調って感じました!
ちなみに「ワースト1」っていったいどの曲だったんでしょう~か?
「ピンとこない」洋楽ファンでした・・・泣。
UP係 |  2008.10.22(水) 21:05 |  URL |  【コメント編集】

■こんばんは!

>UP係さん
「 I AM THE WALRUS」はオアシスもライヴでカヴァーしてましたよ^^

おまみさんのベスト10はジョンの曲中心ですね^^
もし、自分が選んでもジョンの曲が中心になると思います!
やっぱり、「 I AM THE WALRUS」が1位ですよね!!
歌詞、メロディ、アレンジ、ヴォーカル、すべて最高です。

ワースト1ってどの曲ですか?
もしかして、ポールのあの曲ですか?^^
つっしゃん |  2008.10.22(水) 22:29 |  URL |  【コメント編集】

■>UP係さん

はーい、ビートルズは10代の頃からかなりヘビーに聴き込んできました。今では自然と、好きな音楽の基準になっている感じです。

つっしゃんさんが言ってる通り、オアシスは初期のライブのアンコールで「I AM THE WALRUS」やってましたよ!ここしばらくやってなかったけど、今回のツアーでまた復活してるみたいです☆

ワースト1はですねー、ホワイトアルバムの最後から二番目の、とっても前衛的な曲です。なぜビートルズのアルバムに入ったのか分かりません…。
おまみ |  2008.10.23(木) 23:23 |  URL |  【コメント編集】

■>つっしゃんさん

リアムが歌う「I AM THE WALRUS」もなかなかいいですよね!完コピしているところに、ジョンへの敬愛ぶりがうがかえます。

自分で言わなくても、ジョン派だという事がばれてしまうランキングになっております。特に1967年頃のジョンの作る音楽が大好きです!…それも言わなくてもばれてますね。

「I AM THE WALRUS」は最高です!!作ったジョンも「100年経っても色褪せない曲」って言ってましたよね?ほんとにその通りだと思います。

つっしゃんさんが言ってるのは、「LET IT BE」のカップリングのおふざけが過ぎる曲の事でしょうか?惜しい!それはワースト3です!ワースト2は意外な感じですよー。

ワースト1は、「ナンバーナーイン、ナンバーナーイン…」です。あの曲は子供の頃に聴いて、ほんとに怖かったです…。
おまみ |  2008.10.23(木) 23:45 |  URL |  【コメント編集】

■洋楽聴きなんですが…

ビートルズに関しては実のところまったくといっていいほど洗礼を受けてないので、おまみさんのページは超勉強になります。
なので、もちろんワースト1の曲がなんだかさっぱりんこです(苦笑)
しかし、「ナンバーナーイン、ナンバーナーイン…」って字面だけみても怖いですぅxxxxxxx
ビートルズの曲は耳にするたびにびっくりするのですが「I AM THE WALRUS」も御多分に漏れずでした。

えみゅーる |  2008.11.02(日) 22:15 |  URL |  【コメント編集】

■>えみゅーるさん

私はビートルズから音楽を聴き始めたので、ビートルズに対する思い入れは強いんですけど、音楽に詳しいわけじゃないのでなかなか上手く説明出来なくて…。とにかく、ビートルズは奥深いです!!
ワースト1は、ホワイトアルバムに収録されている、ジョンとヨーコが作った「レボリューション9」という曲です。凄く前衛的な曲で、バックで呪文のように「ナンバーナーイン、ナンバーナーイン…」という声がひたすら続くんですよ。怖いです…。

「I AM THE WALRUS」は結構衝撃を受けますよね!40年前の曲とはとても思えないです。現代のアーティストでこの曲に影響を受けている人も多いみたいです。
おまみ |  2008.11.03(月) 01:32 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。